オリジナルかるた.com

オリジナルメモ帳.com

クリエイティブ事業部

社内報FRRDOM

2018/03/30|BLOG

桜の満開宣言!春ですね。

こんにちは!

制作部の松浦です。

先日はついに甲府でも桜の開花宣言がされ本格的に春の到来を実感します!

春は一年でも大好きな季節なので気持ちも盛り上がる今日この頃。

ですが!

春は新生活が始まり何かと慌ただしく忙しい季節でもあります…。

我が家でも今年は長男が保育園を卒園し、小学校へ入学します。

最近では休日になると入学準備に追われる日々を過ごしていますが、その中で感じたことを紹介したいと思います。

 

先日、長男と長女を連れて入学準備としての買い物に出かけた時のことです。

この時期、どこでも新学期用にコーナーが設けられ、文房具やカバン、上履き入れなどいろいろな種類の物が並べられています。

その中で、自分の過去を思い出したり、実体験や大人からの視点から見て、便利そうでデザインもよい物として私はチャック式の筆箱を長男用に選びました。

しかし、いいかなと思って選んだ筆箱を来年度2年生になる長女が見て、

「チャックはしめにくいししめるのがたいへんだから、パカンってすぐしめられるはこのがいい!」

とアドバイスをしてきました。

長女は女の子ということもあり、去年筆箱を買うとき私だったらこれが欲しい!とか、小学生の時こんなものが欲しかった!と私が思うかわいいものを購入して使用させていただのですが、

実際使ってみての感想はそれと違い、見た目の可愛さよりも機能性が大事だと子どもながらに実体験をもとにアドバイスをくれました。

子どもは子どもなりに考えてものを使っているんだなぁ…。と感心すると同時に、

その時大人から見れば一見機能的ではなくデザインもあまり優れているものではないように感じるものも、小学校一年生からしてみたら、機能的で使いやすくデザインも欲しくなるもの、なんだということを感じ、これがこの商品のターゲットであり、作った目的なんだと改めて実感しました。

 

今、新商品を開発するにあたって少し行き詰っている状況です。

やはりターゲットの設定、そしてターゲットとなるお客様が何を求めているか、その需要はどこにあるのかを明確に調査し、着地点を定めることが必要だと、子どもとの買い物から学び再認識することができました。

商品を作っていると商品に対する愛着や思い入れから自分たちの想いが先立ってしまうことも多々ありますが、

やはり購入してくださるのはお客様だということを再認識し、最終調整に入っていきたいと思います。

そして一人でも多くのお客様の手に触れ、一人でも多くのお客様に感動を与えられる商品になるよう、今後も努力していきたいと思います!!

 

 

今日も窓から見える裏山の桜を見て春爛漫、気分を上げて午後も頑張ります!

 

 

 

印刷・デザイン制作などに関するご質問ご相談、お見積もりは、問い合わせフォームまたはメール、お電話にてお問い合わせ下さい。

tel055-235-6010

pagetop