2019年年賀状

オリジナルかるた.com

オリジナルメモ帳.com

クリエイティブ事業部

社内報FRRDOM

2018/11/01|BLOG

オズプリンティング流サ〇メシ☆

朝晩と段々寒くなって参りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。今日から11月ということで霜月。弊社がある甲府市は平年より9日早く初霜が観測されたそうです。暖かい飲み物食べ物が恋しくなってきますよね。

 

先日、同僚のスピーチで故郷の宮城県でこの時期に欠かせないイベントがあるというお話を聞きました。

家族やお友達を誘って河原等でバーベキュー……ではなく、なんと里芋やゴボウ、豚肉などを大きな鍋で煮ていく「芋煮会」という一大イベントがあり、スーパーでは大きなお鍋が並び里芋の売り場も増えるのだそうです。調べてみますと、山形県は牛肉を使い醤油ベースで、宮城県と福島県は豚肉で味噌ベースということで地域によって違いがあるということでなんとも面白いですよね。もちろん社内でもトン汁とは何が違うのか?などと話題になりまして、東北出身の2名もトン汁とは似ているけど違う!と故郷の話題で盛り上がっていました。

そこで、この夏から始めたのですが、私が勝手にNHKさんのあの番組を見て感化されてしまい、週に1回会社の皆さんに「みすず気まぐれお惣菜」を作っています。

過去には、ナスの煮びたし、春雨サラダ、激辛麻婆豆腐、ポテトサラダ、ピリ辛きんぴらごぼうなど作ってきましたが先週初めて芋煮を作ってみました。やはり材料はほとんどトン汁と同じですが食べてみると確かにトン汁とは違うのです。理由は確かではないのですが、少し醤油を入れるからなのかなと結論に至りましたが….どなたかご存知の方いらっしゃいましたらご教授お願いいたします。

今回のように山梨県出身者だけではなく、色んな都道府県出身の方が同じ会社にいますと、地域の違いなどたくさんの色んな発見ができて本当に面白いと感じました。私も、山梨特有の甘いお豆のお赤飯には仰天したものです。ぜひ色んな都道府県出身の方と一緒に働きたいなと感じました。

お陰様で芋煮も好評を得まして、弊社もこの時期は「芋煮会」毎年恒例となりそうです!

 

 

印刷・デザイン制作などに関するご質問ご相談、お見積もりは、問い合わせフォームまたはメール、お電話にてお問い合わせ下さい。

tel055-235-6010

pagetop